滋賀の地酒

滋賀・地酒の歴史


隠れたる美酒の宝庫

 世界の酒のなかでも、日本酒ほど水を厳しく選ぶ酒はありません。なぜなら、水の成分が製品の一部になるばかりでなく、原料溶解や発酵の場になったり、麹の酵素を導く役割を持っているからです。また、日本酒の直接の原料である米の良し悪しも重要であり、特に蒸して軟質のもの、粒が大きく、心白(米粒の中心部にある白いうるみ)のあるものが良いとされています。この酒造好適米の栽培は、山寄りの傾斜地で、水がきれいなところが最適であり、昔からこういった地を選んで酒造も建てられました。
 県面積の6分の1を占める琵琶湖を有する近江の国は、東の伊吹山地、鈴鹿山地、西の比良、比叡山地に囲まれた盆地です。古くから穀倉地帯として知られ、県産酒の多くは、こうした山々を源とする地下水で仕込まれています。名水あり、好適米あり…近江は、まさに酒造りに最適な地であるといえます。